ハーバリウムで使うプリザーブドフラワーとドライフラワーの違いとは?

今、インテリアとして人気のハーバリウム。

中に入れる花材がハーバリウムのオシャレ感を決定付けますが、主に使われる花材として「プリザーブドフラワー」や「ドライフラワー」というものがあります!

なかなか普段扱う事がない物なので、その正体についてはなかなかよくわからないものですよね。

そこで今回は、ハーバリウムで使われる「プリザーブドフラワー」や「ドライフラワー」の事、またその違いについてご紹介します!

1 プリザーブドフラワーについて

1-1 プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフワラー

出典https://www.beatriceflowerhouse.com/product/preserved-flower-arrangement-pink-cocoa/

プリザーブドフラワーとは生花や葉を特殊な液の中に沈めて水分を抜いた花のこと

「保存する、維持する」という意味を持つ英単語、preserveという英単語から来ていて、その名の通り、水分を抜くことで生花よりも長期間保存できる花となっています。

 

1-2 特徴

1-2-1 メリット

・水を与えなくて良い

・生花よりも長く使える

・生花と遜色のない、質感、柔らかさがある

・花粉が出ないので、お見舞いなどにも使える

・寿命が長い(1~5年)

 

1-2-2 デメリット

・壊れやすい

・生花よりも値段が少し高い

・湿気に弱い

・色移りする場合がある

 

2 ドライフラワーについて

2-1 ドライフラワーとは

ドライフラワー

出典https://www.rd.com/home/decorating/how-to-dry-flowers-5-awesome-ways-to-preserve-a-bouquet/

観賞用として自然の草花を乾燥させたものの事!

基本的には、自然乾燥、乾燥剤その他によって脱水乾燥、瞬間的に高熱で処理、冷凍乾燥、によって乾燥させたものを指します。

 

2-2 特徴

2-1-1 メリット

・自作できる

・カサカサとした感触で固く安定している

 

2-1-2 デメリット

・色落ちしてしまう

・草が乾いたような独特な香りがある

・お手入れが少し面倒

・寿命が短い(2,3ヶ月)

・湿気に弱い

3 その違いとは

大きな違いとしては、

プリザーブドフラワーは薬品による乾燥で、ドライフラワーは自然乾燥というところです!

また、プリザーブドフラワーの方が、色が鮮やかで寿命が長く、

ドライフラワーの方が安価でアンティークな雰囲気がある、という違いもあります。

基本的に、ハーバリウムを作る時に向いているのは色も鮮やかで美しさが目立つプリザーブドフラワーと言われています!

まとめ

いかがでしたか?

「プリザーブドフラワー」と「ドライフラワー」についてとその違いについてのご紹介でした!

美しいハーバリウムを作る上で重要なのはやはり花材です!

鮮やかさ、綺麗さを求めるなら向いているのは「プリザーブドフラワー」と言われていますので是非参考にしてみてください!