ハーバリウムに生花を使うならドライフラワーにしてから!気になる理由とその方法

今飾っている生花やプレゼントで貰った生花をハーバリウムにしたい!と考えた事はありますか?

ハーバリウムの場合は生花をそのまま使う事はできませんが、ドライフラワーにしちゃえばそのお花も使用する事ができます!

そこで今回は、生花をドライフラワーにする方法をご紹介!

是非参考にして今持っている生花もオシャレなハーバリウムにしちゃいましょう!

画像出典https://www.rd.com/

1 生花はハーバリウムに使えるか?

結論から言うと、生花は使わないほうが良いです!

理由は、ハーバリウムにした場合、腐るのが早いからです。

植物は水分や空気によって枯れてしまうのですが、当然オイルの中に付けたら早く腐ってしまいます。

そもそもでハーバリウムとは植物を長期的にインテリアとして保存するものなのに本末転倒ですよね。

すごく短期で自分で楽しむ分は良いですが、販売は当然のことながら観賞用にも適していません。

また、生花はオイルに色が流れてしまう事もあるのでオイルの透明感が美しさを左右するハーバリウムには向いていないという事も関係しています。

2 生花をドライフラワーにする方法とその手順

じゃあ生花をハーバリウムに使うにはどうしたら良いか!

それは、ドライフラワーにする事です!

一度しっかり乾かし、ハーバリウムに適している形にすれば良いのです!

 

2-1 吊るしておく

ドライフラワー

2-1-1 小枝を切る

太い枝からそれぞれ切っていきましょう!

2-1-2 端っこをまとめる

それぞれ切ったら葉や花の方ではなく枝の方をまとめましょう!

2-1-3 輪ゴムで止める

まとめる時は、輪ゴムでキュッと縛ってあげればOK!

2-1-4 吊るして2~3週間で完成!

日陰や風通しの良い所で湿気がないところを選びましょう!

 

 

2-2 乾燥材と共に密封する

2-2-1 乾燥剤を密封できる容器に少し敷く

出典https://www.amazon.co.jp/

花を包み込むような形にするため乾燥材を先に少し敷いておきます。

商品はこちら

 

2-2-2 花を入れて乾燥剤で埋める

容器の中に花を入れて全体を覆うように乾燥剤を入れていきます!

この時に花びらなども乾燥材に触れるように優しく広げながら入れていきます。

 

2-2-3 蓋をする

全体を覆ったら後は蓋をするだけでOK!

しっかり密閉できるように隙間のないようにしましょう!

 

2-2-4 数日〜1週間程で完成!

開ける時にはすでにドライフラワーとなっているため壊れないよう優しく扱いましょう!

 

2-3 電子レンジでチンする

2-3-1 葉や枝を切ってキレイにする

まずは葉や枝をカット!

また土や虫などがいないかをチェックしましょう!

 

2-3-2 耐熱皿の上にそのまま置く

ラップ等は不要なので耐熱皿にそのまま置きましょう!

 

2-3-3 600Wで1分加熱する

ここから加熱作業です!

花によって含んでいる水分量が異なるのでこまめにチェックして焦げないように注意しましょう!

 

2-3-4 少し吊るして完成!

すでにほぼドライフラワーとなっていますが、風通しがよく湿気が少ないところで少し吊るして完成です!

まとめ

いかがでしたか?

生花そのものはハーバリウムに使うことは向いていませんが、ドライフラワーにすることで使えます!

すでに持っているお花や頂いたお花を再利用できるのはすごく嬉しいですよね!

是非参考にしてオシャレでキレイなハーバリウムを作りましょう!

 

やっぱり作るのも面倒だなと感じてしまった人は【通販】ハーバリウム作りに大切な花材のおすすめ購入場所6選こちらも参考にどうぞ!