500円で作れる!造花を使ったハーバリウムの作り方

今話題のハーバリウム!

お家に飾るインテリアとして非常に人気のアイテムです!

しかし、ハーバリウム自体を買うと3000円程、作るとなると4000円程かかり、意外と高いなぁなんて思ったことありませんか?

一般的にはプリザーブドフラワーやドライフラワーを使いますが、これがお金のかかるポイントなんですよね。

この花材さえ安くできれば、、、という方のためにおすすめなのが100均でも手に入る「造花」を使うこと!

そこで今回は、とにかく安くできる造花を使ったハーバリウムの作り方をご紹介します!

画像出典https://chucknicklin.com/artificial-flowers-cheap-bulk/

1 造花って?

造花

出典https://www.amazon.co.jp/

造花とは、本物の花に似せて作られた花のことです。

主に素材はビニールやポリエステルなどを使っていて、生き物ではなく作り物のため腐ることはありません!

そのため、半永久的に鑑賞する事ができる花です。

2 ハーバリウムを造花で作った時と本物を使った時の差

2-1 美しさ

美しさ

出典https://minne.com/

やはり決定的な違いは美しさです。

左がプリザーブドフワラーを使ったハーバリウムで右は造花です。

このように見比べるとわかるのですが、鮮やかさが圧倒的に違いますね。

ハーバリウムで使う花は、プリザーブドフラワーやドライフラワーといった花を使い、本物の花のためどちらも美しい色味を持っています。

その反面、造花の場合はポリエステル等をメインの素材として使っているためやはり本物の美しさにはかなわないといった違いがあります。

そのため、ハーバリウムにした際にも同じくオイルを通して見た時の美しさが造花の方が劣ります。

 

2-2 費用

造花の一般的な金額は100円〜300円程。

それに対し、プリザーブドフラワーやドライフラワーは2000円程です。

圧倒的に造花の方が安いので、費用を抑えてくれるのは造花です!

 

2-3 寿命

ハーバリウムにした場合、プリザーブドフラワーは1年程、ドライフラワーは大体2ヶ月程度、造花はほぼ無限と言われています。

もちろん、オイルの中に浸しているので色が滲んでしまったりはありますが、造花はその名の通り作られたものなので、正しく管理ができればずっと使う事ができます。

 

3 造花を使ったハーバリウムの作り方

基本的に本物の花を使った時と手順は変わりません!

3-1 道具を用意する

・瓶

・ピンセット

・造花

・オイル

・はさみ

・消毒液

基本的に、上記にある道具はすべて100円均一で揃えることができます!

オイルに関しては専用オイルというものが1500円/㍑で販売されていますが、これはベビーオイルで代用することができます!

ただし、あくまでベビーオイルを代用する場合、販売は行わず個人の観賞用にとどめておきましょう。

 

3-2 瓶を消毒する

瓶 消毒

便を消毒し、しっかり乾燥させます。

 

3-3 造花をカット

配置をイメージしてから造花を適切な大きさにカット!

 

3-4 造花を瓶に配置

造花 ピンセット

実際に瓶の中に入れて配置を決めます。

すでにこの時点でハーバリウムの見た目が決まるので慎重に正確に行いましょう!

 

3-5 オイルを注ぐ

オイル

少し瓶を傾けて、端に沿わせるようにオイルを注いでいきます。

この時気泡ができないようにゆっくり注ぎましょう!

 

3-6 蓋をして完成!

蓋をして瓶の外側を綺麗に拭いたら完成です!

 

4 今回かかった費用

今回かかった費用は、約500円でした!(はさみ、消毒液、ピンセットはすでに持っていました。

基本的に、瓶、造花3本、オイル、の5点で、全て100円均一で揃ったためこんなに安くできました!

まとめ

いかがでしたか?

やはり造花を使った場合、必要な道具すべてが100円均一で揃うため非常に安く作る事ができました!

やはり本物の花には美しさは劣りますが、簡単に安く作れるのは魅力的ですよね!

みなさんも是非参考にして、圧倒的に安くできるハーバリウム作りを楽しみましょう!